Arundel10周年記念★イベント新作
月本せいじ 球体ポップアップカード「スフィア」
マジロラ魔法雑貨店 レジン封入シート
インテリア壁紙「Sweets Wonderland」発売!


View Cart

Arundel(アランデル)
女の子なら誰もが一度は憧れる、童話や魔法・ファンタジーの世界。東京・自由が丘にある『不思議かわいい雑貨店』をコンセプトにしたお店です。 店内PHOTO
当店では物語に出てきそうな雑貨や「不思議の国のアリス」など童話・ファンタジーをモチーフとしたグッズ、厳選セレクトしたクオリティ高いハンドメイドの作家作品等を扱っています。ご来店も大歓迎!!
都内百貨店・テーマパークなどでも定期的にイベントプロデュース・出店も行っています★
〒158-0083 東京都世田谷区奥沢3-44-3
TEL/FAX:03-6421-9773
営業日:水曜定休
11:00am〜19:00pm


メールマガジンの登録・解除 メルマガでは新商品情報などいち早くお届けしています!ぜひご登録ください☆

↓twitter・mixiもやってます。お気軽にフォロー・ご参加下さいね♪
Follow me on twitter!
mixiコミュニティ

《掲載メディア一部》
2015.5 NHK『ニュースウォッチ9』
2015.3 書籍『不思議の国のアリス ビジュアルファンBOOK』(監修)
2015.3 雑誌『Clara』
2015.2『ロリィタの聖地巡礼手帖』
2014.12 雑誌『Gothic&Lolita Bible』
2014.4 雑誌『Clara』
2013.9 書籍『うさぎ(乙女の玉手箱)』
2013.5 雑誌『Mart』
2013.1 雑誌『KERA/ケラ!』
2012 『自由が丘二子玉川お散歩地図』
2012.9 雑誌『OZ magazine』
2012.9 テレビ『レディス4』
2012.9 テレビ『ズームイン!!サタデー』
2012.8 MOOK『不思議の国のアリスのすべて』(協力)
2012.6 雑誌『spoon.』
2012.3 雑誌『KERA/ケラ!』
2012.1 テレビ『PON!』
2011.11 雑誌『papier*』
2011.8 ラジオ ニッポン放送
2011.8 雑誌『Gothic&Lolota Bible』
2011.8 雑誌『Soup/スープ.』
2011.8 テレビ『やじうまテレビ!』
2011.5 書籍『すてきな雑貨屋さん』
2011.4 書籍『まっぷる』
2010.10 雑誌『OZ magazine』
2010.9 テレビ『天使の代理人』協力
2010.6 書籍『さんぽ日和』
2010.6 雑誌『Tokyo Walker』
2010.4 テレビ『おはよう朝日です』
2010.4 テレビ『ぶらンチ』
2010.4 雑誌『MOE』
etc..

↓ 携帯からでもお買い物できます♪
カードゲーム『Story's〜Please〜』 -Little World-

型番Ame-11
販売価格1,296円(税込)
在庫数20個
購入数
◎イラストレーター「Ame」さんによるオリジナルカードゲーム・第2弾!
◎イラストレーターAme(アメ)/ブランド名:Little World…おもちゃを散らかしたような、お菓子が散らかっているような…そんな「散らかった子供部屋」をテーマとして、-Little World-と名付けた世界観を描いています。

◆童話「ヘンゼルとグレーテル」をモチーフにした世界観でLINEスタンプとカードを使って遊ぶ、新感覚のコミュニケーションゲーム、「ストーリーズ〜プリーズ〜」です。
ヘンゼルとグレーテルが森をさまよい歩く内に辿り着いたのは、なんとお菓子で出来た家。おなかペコペコの2人はお菓子の家から出てきた魔女に沢山のお菓子をおねだりします。
お菓子を与えていち早く子供達を満足させることが出来るのはどの魔女か・・・甘いお菓子と欲望のヘンテコワールドへようこそ。

アメさんのLINEスタンプのみを使ったルールと、このカードを併用して使うルールがあります。
(▼遊ぶには、専用LINEスタンプ(40種・¥120)をダウンロードする必要があります)
http://line.me/S/sticker/3112795
カードを手札として使うとより楽しさが倍増しますので、ルールの一例をご説明します。

★カードを用いた基本ルール★(参加人数:3名〜)
1.参加者はLINEスタンプ「ストーリーズ〜プリーズ〜」をダウンロードしておき、遊ぶ人数に応じてグループLINEを作成します。
2.プレイヤーは親(ヘンゼルとグレーテル)と、それ以外の子(魔女)に分かれます。全てのカードは、最初に親が持ちます。
3.親は【おねだりスタンプ】を送り、いち早く【お菓子スタンプ】を返信した魔女に要求したお菓子と同じカードを渡します。
4.これを繰り返していき、親の手元にカードが無くなった時点で最も多くお菓子ポイントを得たプレイヤーの勝ちです。高得点のお菓子を積極的に狙っていきましょう。

*このルールでは反射神経や速さが競われますが、子(魔女)がそれぞれ手札を持つ遊び方もあります。この他、オリジナルのルールや縛りを作ってもOK♪
お菓子によってそれぞれ得点が違い、カード枚数も制限があるのでより戦略的に楽しめます。

〈セット内容〉イラストカード50枚・遊び方説明書付き
■カードサイズ:W5.5×H9.1cm(パッケージW6.3×H9.1×D2.2cm)
(ラミネートマット加工) ◆対象人数…3人〜

この商品はネコポスでお届けできます
(C)Arundel ※当サイトに掲載されている文章・写真の無断転載(加工・改変含む)を固く禁じます。


※商品は実店舗でも販売しております為、時間帯によってはご注文頂いた商品が在庫切れ、また1点物に関しましては販売終了となっている場合がございます。その場合はご容赦ください。